雪輝麗の効果的な使い方まとめ

雪輝麗を購入して、いざ使ってみようと思った時、どうせなら効果的に雪輝麗を使いこなしたいですよね。

 

今回は、そんな雪輝麗の効果的な使い方をわかりやすくご紹介していきましょう。

 

雪輝麗の効果的な使い方

 

それでは早速ではありますが、雪輝麗の効果的な使い方を丁寧に一つずつご紹介していきましょう。

 

歯に歯垢がたまりやすい部分は丁寧に磨くこと!

 

下の前歯の裏や、上の前歯の裏は、どうしても歯石や歯垢がたまりやすいため、歯と歯の隙間も黒くなりがちになってしまいます。

 

歯と歯の間が黒くなるまで放置してしまいますと、その黒ずみは除去することがなかなか難しくなってしまうのです。

 

そこを、雪輝麗ですとホワイトニング効果が十分期待できるので、丁寧に行えば、長年にわたって悩んできた歯石だったり歯垢だったりが除去される可能性が十分にあるのです。

 

歯は優しく磨くこと!

 

歯を磨くときは気合を入れて力いっぱい磨いている、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし、歯を力いっぱい磨くというのは、歯にとっては良くないことなのです。むしろ、逆効果となってしまいます。

 

歯は、優しく丁寧に磨くことがより効果的な使い方と言えます。

 

歯や歯茎を傷つけないために、優しくそして丁寧に磨くよう心がけましょう。

 

歯は1日に2,3回磨くこと!

 

毎日、歯磨きは朝のみだという方の場合は、いくら効果の高いといわれる雪輝麗を使用していても、虫歯予防をすることはできないのです。

 

雪輝麗で効果的な使い方をしたいのであれば、1日に2,3回の歯磨きをすることが大事なのですね。

 

朝と夜に歯を磨くという方は多いと思いますが、できることならおやつや間食などの後にも歯を磨く習慣をつけられるとなお良いですね。

 

うがいは何回もしないこと

 

うがいを何度も何度も歯磨き粉の味がしなくなるまでしっかりとしている方もいらっしゃるのですが、これも効果的な使い方ではないんですね。

 

雪輝麗の効果的な使い方は、歯を磨いた後のうがいであれば2回程度にしておいて、歯磨きの後味が少し口の中に残ってるな、という感じにとどめておくのがベストです。

 

効果的な使い方で効果が出るまでにはどのくらいかかるのか?

 

雪輝麗の効果的な使い方をしたとして、すぐに効果を発揮するというわけではないのです。

 

ホワイトニング効果を期待したいのであれば、最短で2週間ほどたったあたりから効果があらわれてくるので、継続して雪輝麗を使用していきましょう。

 

雪輝麗の効果的な使い方をまとめ

 

結果的に、雪輝麗の効果的な使い方としては・・・

 

@歯に歯石のたまりやすいところは丁寧に磨くこと。

 

A歯は優しく磨くこと。

 

B1日に2,3回は歯を磨くこと。

 

C歯磨き後のうがいは、何回もしないこと(2回程度で良い)。

 

というのが大事なことですね。

 

とはいえ、雪輝麗の効果的な使い方をしたとしても、2,3日だけで効果がすぐに出るというわけではありません。

 

2週間程度は試してみて、効果を実感してくださいね。

 

>>雪輝麗(せっきれい)の詳細はこちら